.

料理は、特にではありません。 でも、母は、私に何でもさせていたので、一通りのことはできますし、知識ある方だと思います。 ただ、私に足りないのは「食べたい」という、一番元の気持ちなのだと思います。 食べることが大好きな人は、料理も上手です。 一方、私のような、栄養さえとれれば、一食くらい適当にしても・・・という考えを持っている人は、とても効率的で経済的な料理を好みます。いかに安く、いかに簡単に作ることができるかが、一番のポイントになってしまうのです。 ちなみに、母は、本当に食べることが大好きでした。今思うと、毎日、豪華でおいしい料理を食べさせてもらっていたのだなぁと、母への感謝の気持ちが膨らんでいきます。 ただ、子供も小学生になり、ますます栄養をとることが大事になってきます。 しかも、男2人の兄弟です。簡単にできる、レンジで作るようなものなんて、数が足りなくなって、追いつかなくなるでしょう。 今まで、冷凍に頼っていたものも、自分で作らなければ、どうしようもなくなる日も近いです。 今のうちから、料理の基本を思い出して、レシピかなくても、おいしい料理が、さっと出せる女性にもなりたいです。