.

大きいものはどこかにまぎれようもないですが、小さい物は引越しすると必ずどこかに紛れ込んでしまいます。

衛生面で丁寧に運ばなければならないものは、ちゃんと蓋のついた箱ものに入れて引越します。

タオルなどは結構そのまま運ぶより、お皿などのクッションに使ったりするので、また洗い直すこともあります。

歯ブラシ、石鹸、お風呂グッズ、お箸、キッチン用品、台所用品、とにかく、毎日、必ず必要な物は、自分が絶対にわかるところに入れて持ち運びます。

薬の必要のある家族には、絶対に小さなもので、どこに入ったかわからなくなると一大事の物は、自分の身近なバッグに入れて引越すように指示します。

私がそれで慌てたからです。

それと救急用品、水、ハサミなどの作業道具、何回も引越していると次第に要領が良くなるものです。

出来るだけ引き出しの中身はそのままにして運ぶ、たとえ本体から話して一つずつ引越す場合にも、です。

棚の順番が変わるだけでわけがわからなくなるので、気をつけます。

出向く手間が省ける軽トラ レンタルを利用しましょう。