.

クルマの損害保険には自賠責保険あるいは任意保険といった二個の種類がございます。

任意保険、自賠責保険ともに万一のアクシデントなど際しての補償を得るものですが、実際の中身は細かな点で違っています。

自賠責保険と任意保険に関しては補償が適用される範囲が多少区別されているのです。

※事故の相手については、任意保険・自賠責保険の両方で補償されます。

※自分自身には、<任意保険>のみで補償できます。

※自分の財産においては、[任意保険]で補償されるよう取り決められています。

自賠責保険だけでは自らへの負傷あるいはクルマを対象としたサポートは受けられません。

次に相手に向けての支援ですが自賠責保険ならば亡くなった場合は上限額三〇〇〇万円障害を負わせてしまった場合最大で4,000万という風に定められているのです。

ただし賠償額が上記の値を凌ぐことはよくあることです。

事故の相手の車あるいは不動産を破損してしまったケースについては、害を加えた人によるまったくの自己賠償となってしまいます。

そういった負担を防ぐため任意保険という別の種類の保険が必要なのです。

害を被った人の支援を重要視するのが任意保険というものですがそれ以外の機能があります。

※事故の相手方へは、死亡時あるいはケガのほかにもクルマまたは建築物というようなものを賠償します。

※自らに対しては一緒に乗っていた人も対象として死亡時ないしは負傷を補償します。

※自分の財産についてはクルマを補償してもらえるのです。

そのように多様な面に関して賠償が充実しているのが任意保険の長所なのです。

保険の掛金の振り込みは必須となりますが、事故の相手方のためにも自分自身を守るためにも、マイカーに乗るのであれば任意保険にお世話になっておくに越したことはありません。