.

FX(外国為替証拠金取引)についての面白さは、単独の金融商品あるにもかかわらず、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの中でいずれをチョイスするかということで、資本の投下の方法がまるっきり異なってくるということにあります。

初めに外国貨幣への投入の「長い期間の投資」について考えましょう。

長期スタンスというのは一年以上の出資を想定しているのが通常です。

為替相場で一年以上先の為替レートが円高になっているだろうか、それとも円安かどうかを推測するなんていうことは、多くの場合難題に近いです。

ほとんどの場合「それほど後々の将来のことは考えられない」となるのが本当のところなのです。

予測もできないことを一生懸命に推測しようと思ったところでそれは意味のないことなのです。

そのことから外貨を買って、買いレートよりも円高に変わったとしても、近い将来返ってくるはずだというポジティブな気持ちで取引に取り組むことが大事です。

差益を積極的に追いかけることに限らず他からの差益、要はスワップ金利で利益を上げるというのを、目的と決めて始めましょう。

当たり前ですが、少しの間に差損に損がかなり膨らんでしまうことがあります。

そんな訳でそんなマイナスにも困らないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめでトレードするのが大切です。

FX(外国為替証拠金取引)は、損がある範囲を超えて広がってしまうと追い証(追加保証金)が発生したり、もしくは損切りがかかったりします。

ロスカットを置いたらそこで売り買いをフィニッシュすることになり長期トレードはダメになります。

こういったリスクを回避するには、レバレッジ2?3倍あたりで売買する方が良いでしょう。

今度は中期スタンスでの取引を考えてみましょう。

中期の投資のケースでは、最大でも1?2ヶ月ほど後を考慮してのやり取りを行うのです。

為替のトレードの際は、だいたい1ヶ月ほど先のことであればおおかた予想可能な場合が多いでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような公式のミーティングの話題、市場で売買している人たちがどんな事柄に興味を持っているかを見てみれば、おおよそ予測できると思います。

ファンダメンタルズをチェックしながらなおチャートを確認することで為替レートの変動をわかるようになり、買いポジションか売りポジションかを見極めるといいと思います。

基本的に、経済情勢とジャッジの両方とも光り、あるいは買いが一致している時は、おおよそその通りに動くと考えて差し支えありません。

そこで保有高を増やすことによってもっと多い利益を手に入れられるのはほぼ確実です。

最後に短期のスタンスのポイントです。

この短期のトレードは、いわゆるデイトレを指しています。

為替でデイトレードをする際ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はまったく関わりがないと言い切れます。

どうしてかというと次の日の為替のレートの変化に、経済情勢は反映されないからです。

この時、最大のポイントは目を引く催し物があると、それにより為替のレートが目立って動く機会を見落とさないようトレードすることです。

例としてアメリカにて雇用の情勢が出されるもしくは金融政策等によって制作金利が変化するくらいの出来事。

このようなタイミングに変移をものにするといったことから、短期のスタンスでは高度な情報が必要になる。