.

カードキャッシングなどの支払方法というものは、カード会社各個でへだたりがあって、多様な手法がとられています。香住温泉 カニの宿

一般的なところでは残高スライド法やリボルディング払方式が多いようです。

またかような誰もがわかっているリボルディング払ですけれども本当のことを言えば勘定には多様な種別といったものがあります。

それ故そのよう方法によっては引き落し総額が変わってきてしまうのですから、理解していて損することはないと思います。

簡単にこれらのメソッドのギャップについてを説明していきましょう。

最初は元金均等払いで、もう一つは元利均等払いです。

両者はその名を冠する通り、元本を均一にして支払っていくという方式と、元金と金利に関してあわせて均分に支払っていこうという手法になります。

今回は10万円借りたと設定し、実際のところ如何様な計算をするのか試してみましょう。

金利を両方とも15%と仮定し計算します。

それからリボルディング払の引き落としは1万円とし試算します。

最初に元金均等払いからです。

こうしたケースのはじめの引き落しについては1万円へ利息分1250円を加えた額になります。

2回目の返済に関しては1万円へ利息分の1125円を加算した金額へとなります。

こういうふうにして総回数10回で支払を終わらせると言う方式になります。

他方元利均等払いというのは1度目の引き落しについては1万円で元金に8750円利息へ1250円と言う具合に割り振るのです。

次回の支払いに関しては元本が8750円に減った状態で利子を計算して1万円からまた割り振るのです。

別のことばで言えば、元利均等払いのケースは10回で支払が完了しないという勘定になったりします。

こればかりの違いで両方がどのように相違しているのかがご理解頂けたでしょう。

元利均等は元金均等に比べてまぎれもなく元が減るのが遅くなっているというような非というものが存在したりします。

別言すれば利息を多く出すというようなことになるのです。

一方、1度目の支払が些少な金額ですむというようなメリットも存在するのです。

こうした支払手法についてのへだたりに呼応して支払い合計金額というのが異なってきますからご自身の計画に合う方法を取るようにしていきましょう。